三菱航空機・副社長 岸信夫
きし・のぶお●1982年、 大阪府立大工学部航空工学科卒、三菱重工業へ入社。F2など戦闘機の設計に30年近く携わり、2010年から三菱航空機でMRJの開発に従事。15年より現職。三菱重工本体のMRJ事業部長も兼任する。(撮影:梅谷秀司)

──予定を早めて、今2016年夏から米国で飛行試験を始めます。

次のステージに移る準備が整ってきたということ。半年前の初飛行時に「MRJはまだヨチヨチ歩きの赤ん坊」と申し上げたが、地上・飛行試験の結果を反映した機体改修とソフトウエア修正を複数回やって、飛行機としての成熟度が上がってきた。2号機は先に改修を済ませてから離陸させた分、1号機以上に成長が早い。現場スタッフやパイロットは、「岸さん、この子たちはもう高校生ぐらいにまで成長してますよ」と言っているほどだ(笑)。

成長しているのは人間も同じで、スタッフたちも飛行試験に慣れてきた。エンジニアを例に取ると、飛行データを読み込んですぐに適切な判断が下せるようになってきた。(国内での)飛行試験のペースは上がり、すでに天候がよい日には連日飛ばしている。そうした最新の状況を見て、これなら計画を夏に早めても大丈夫だと判断した。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP