昭和の面影を残す名古屋駅太閤通口周辺の繁華街

名古屋駅を出て驚くのは東側の桜通口・広小路口と、西側の太閤通口の景色の差である。前記事で書いたように、東側は高層ビルが林立し、今後に向けても建設ラッシュ状態であるのに対し、西側は昔ながらの古い街並みを残しているからだ。

それを実感するのが、駅前通りの1本奥の道である。昭和時代にタイムスリップしたかのような飲食店が並んでいて、日本第4の都市の玄関口とは思えないほどだ。しかしこの光景も、まもなく過去のものになるといううわさがある。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP