経営安定化には寄席1日300人の集客が必要だという

2014年2月、東海地方唯一の寄席演芸場だった大須演芸場が惜しまれながら50年の歴史に幕を閉じた。しかし、新しい運営体制による新生・大須演芸場が早くも15年9月に華々しく再オープン。こけら落とし公演には落語協会会長・柳亭市馬と、上方落語協会会長・桂文枝の東西大御所が同じ舞台に上がるという光景が見られた。

「建物所有者の土井信策さんと代理人弁護士の異相武憲さんが愛知県立旭丘高校の同級生だった。再建は、この同窓会人脈から支援の輪が広がっていった」(一般社団法人大須演芸場の橋本浩宗理事)という。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP