名古屋では、模造紙のことを当たり前のように「B紙」と呼ぶ

名古屋を中心に愛知、岐阜と三重北部あたりでは「模造紙」のことを「B紙」と呼ぶ。

「お客さんからB紙が欲しいと言われれば、すぐお出しする」と、名古屋・栄の「MARUZEN名古屋本店」文具責任者の佐々邉洋二さん。東京の店舗でも勤務経験がある佐々邉さんは、東京では通じない「B紙」の呼び名を、名古屋では店員も客も当たり前のように共有していることに気づく。しかし、なぜ「B」なのか。B1判に近いことに由来する説もあるが、佐々邉さんは次のように語る。「欧米から来た『A』紙に対して、日本で模造したものが『B』紙だった、との説があります」。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP