成果さえ着実に出していれば、会社に来る必要はない。在宅勤務も無制限──。こんな発想で不要な会議や資料づくりをやめさせ、業務の効率化を推進したことで業績を伸ばしている企業がある。「ポテトチップス」など国民的菓子を生産・販売するカルビーだ。2017年3月期決算で、8期連続の増収増益を達成した。

快進撃の背景には、09年6月に就任した松本晃会長兼CEOによるトップ主導の大改革がある。松本氏は伊藤忠商事を経て、外資の米ジョンソン・エンド・ジョンソンの日本法人社長などを務めてカルビーへ移ってきた。経営の3原則として「簡素化」「透明化」「分権化」を掲げる。

就任直後の10年1月、松本氏はカルビーの本社を東京都北区内からJR東京駅に隣接する一等地のビルへ移転させた。そのときから全社的な業務の効率化推進活動が本格化した。品川千津子総務課長は言う。「本社移転によって資料を約70%削減した。『まず捨ててくれ』が大原則で、一人が段ボール箱一つ分しか新本社に持っていけなかった」。

職場の座席はダーツで最長5時間で交替

本社オフィスを訪れた。そこには社員が使う専用の会議室がない。その代わりに、ショットバーにあるような、背の高い丸い机といすがオフィスの中央部に置かれており、打ち合わせにはそこを使う。「人事やインサイダーにかかわる機密性が求められる会議は、お客様との打ち合わせで使う個室を借りる」(品川氏)。

社員は出勤時に「ダーツシステム」と呼ばれるコンピュータソフトでその日の席を決める。お客様相談室など固定電話がある部署を除き、社員の固定席がないフリーアドレス制を導入しているからだ。そして最長5時間に1回、席替えがある。最も席数が多いのが4人席で、どの職場の誰と一緒になるかはダーツ次第。管理職でもヒラ社員でも関係ない。

カルビー社員は出勤後、この「ダーツシステム」の前に立つ。仕事内容に応じて4人席の「コミュニケーション」、電話OKの1人席「ソロ」、電話NGの1人席「集中」を選ぶ(撮影:尾形文繁)
4人席を選んで決まった席はここ。記事上部バナー写真のような1つのテーブルにさまざまな部署の4人が座る(撮影:尾形文繁)
プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP