猛烈な勢いで広がる中国のシェア自転車。2016年の本格導入からわずか1年余りで、主要都市の至る所をオレンジ、ブルー、グリーンなど色とりどりの自転車が駆け抜けるようになり、街角の景色は一変した。

この普及のスピード感がまさに現在の中国の姿そのものだ。IT抜きには語れないこの時代。普及の速さは、スマートフォンによる決済サービスでは世界の先端を行く中国だからこそだ。

スタンドを並べて駐輪する固定式のステーションを持つシェア自転車は、中国でも以前から行政主導で導入されていた。だが利便性が低く、普及もいま一つだった。

ところが、いま急速に普及しているシェア自転車は、駅前などの特定の駐輪スペースを持たない。主要都市を中心に一気に数百万台が導入され、市民が最も好む移動手段へと成長した。

筆者も上海でシェア自転車を体験してみた。使いやすさ、台数の多さ、決済の便利さを実感した。中国は自動車の渋滞が深刻だ。地下鉄とシェア自転車を組み合わせれば、素速く移動できる。

出版社勤務の20代女性は、シェア自転車のヘビーユーザーだ。「出勤では最寄りの地下鉄の駅から会社まで乗る。駅の周りには必ず自転車があるから探す手間もいらない。駅から会社まで徒歩15分の距離でも、自転車なら5分。ゆとりができてうれしい」。また、週末のデートでも使い、それまで地下鉄や徒歩で行っていた美術館や映画館への移動が楽になったそうだ。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP