大学入試センター試験に代わり、2021年から始まる「大学入学共通テスト」。国語と数学で記述式問題が導入され、英語では4技能(読む、聞く、話す、書く)を測るため外部の民間試験が活用される。国公立大学にとってはまさに変革期だ。

では私立大学入試への影響はあるのか。センター試験を利用する入試を実施しているのは526大学、私立全体の約9割に上る。受験生からの人気が高い早稲田大学、慶応義塾大学、明治大学の3校を見ても、センター利用入試を行っていないのは慶応だけだ。明治はセンターの得点だけで合否を決める方式を全学部で導入している。早稲田はセンターのみで受験できる学部が9学部あるほか、個別試験との合計点で決める方式を4学部で設けている。

(注)2018年度入試。推薦、AOは除く。早稲田のスポーツ科学部には競技歴方式、人間科学部には数学選抜方式あり

21年以降、多くの大学はセンター利用入試を共通テスト利用入試に置き換えるとみられており、その意味での影響はある。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP