地元サービスを最優先 統合はメニューの一つ

財務省(旧大蔵省)出身の頭取が続いた横浜銀行。昨年就任した川村健一氏は初のプロパー頭取だ。

横浜銀行 頭取 川村健一
かわむら・けんいち●1959年生まれ。82年横浜銀行入行。2012年執行役員、13年取締役を経て16年6月から現職。(撮影:大澤 誠)

──就任から1年、行内改革のどんな点に力を入れてきましたか。

営業体制の変革とそのための社内改革を推し進めている。土日営業を行う支店の拡大や手数料の簡略化、支店の混雑情報のウェブ発信など、お客様の声をじかに聞き、スピード感を持って対応した。

昨年、法人向けのアンケートを行ったら、メインバンク別の満足度で当行がほぼ最下位。売り上げ3億円未満の法人では、5割しか当行に経営課題を相談していなかった。「深い関係ではない」というのが主な理由だった。小規模の顧客にもフェース・トゥ・フェースでしっかりと接点を持てるように支店の権限を拡大した。

──具体的には?

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP