今度こそ本気でやり抜く

昨 年はグループの資産運用部門を統合し、大胆な組織再編に踏み切ったみずほフィナンシャルグループ(FG)。佐藤康博社長に今後の戦略を聞いた。

みずほフィナンシャルグループ社長 佐藤康博
さとう・やすひろ●1976年東京大学卒業、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。常務執行役員、取締役を経て2011年6月から現職。(撮影:梅谷秀司)

──資産運用会社のアセットマネジメントOne(アセマネOne)の設立で何を重視しましたか。

金融庁ともいろいろ議論した。(グループ内での独立性確保のため)社名には「みずほ」をつけず、役員構成もみずほ、第一生命、社外で3分の1ずつとした。フィデューシャリー・デューティー(FD)が最も重要な要素で、独立した外部チェック機能としてアドバイザリーコミッティも設置している。

──現在の2倍となる運用残高100兆円が新会社の目標です。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP