これまでの送金業務は消える

2015年12月に出資総額300億円のフィンテックファンドを立ち上げたのに続き、16年10月にはブロックチェーン技術を活用した国内外為替の一元化に向けコンソーシアムを設立した、SBIホールディングス。企業横断的な「フィンテック生態系」の構築を急ぐ同社の北尾吉孝社長に、その青写真を聞いた。

SBIホールディングス 社長 北尾吉孝
きたお・よしたか●1974年慶応義塾大学経済学部卒業後、野村証券入社。ソフトバンク(現ソフトバンクグループ)常務取締役などを経て99年から現職。(撮影:田所千代美)

──フィンテックファンド経由のこれまでの投資状況は?

50社ほどに約160億円を投資してきた。そのほか、SBIとして約100億円を投じている。合わせると260億円ほどだ。

──どのような成果が?

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP