従来業務のままでは銀行に未来はない

12年続いた中西勝則氏の前体制を今年6月に引き継いだ。新頭取は何を目指すのか。

静岡銀行 頭取 柴田 久
しばた・ひさし●1963年生まれ。慶応義塾大学商学部卒業後、静岡銀行入行。取締役常務執行役員などを経て現職。

──2017年3月期は外債で大幅な売却損が出ました。

これまでは市場運用部門に収益を依存してきた面があった。だが、米国債の金利が上がる状況になり、債券を含む有価証券では収益を上げづらくなっている。今後は貸し出しによる本業の資金利益と、手数料収入で収益の基盤を作っていかなければいけない。

同時に店舗網の構造改革も必要だ。スマートフォンが普及する中で消費者の行動パターンが変わっている。消費者がどんどん銀行の支店に来る時代ではない。そこでネットのチャネルを拡大する一方、対面チャネルでは店頭の記帳・決済業務のセルフサービス化などを浸透させることで、運営のローコスト化を進めていく。業務の収益性に合わせて、従業員の働き方も見直していく。

──金融庁は地方銀行に対し、ビジネスモデルの変革を強く迫っています。これをどう受け止めていますか。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP