「宮本さんはくしゃみの音が大きくて、最初はびっくりしました」

「趣味である歌の発声練習も兼ねて、思いっきりくしゃみをするからね」

他愛のない会話を交わす、祖父と孫のような年齢差のある2人。75歳の宮本幸一さんと24歳の石山資(たすく)さんは、東京・練馬の住宅街にある一軒家で、今年4月から7月まで一緒に暮らしていた。血縁関係のない2人を引き合わせたのは、シニア世代の住宅の空き部屋を学生に紹介する、NPO法人「リブ&リブ」の「世代間交流ホームシェア」の取り組みだ。

談笑する宮本幸一さん(左)と石山資さん

宮本さんはこの家で、両親や妻、2人の子どもと6人で暮らしていた。しかし、両親が亡くなり、子どもは独立。5年前には、認知症を患っていた妻が特別養護老人ホームに入り、6部屋もある広い家に一人暮らしとなった。その後リブ&リブの石橋鍈子(ふさこ)代表と知り合ったのが、部屋を提供するきっかけとなった。

学生には経済的なメリット

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP