茨城県在住の本田美智子さん(仮名、85)がアルツハイマー型認知症と診断されたのは、4年前のことだった。大学病院の「物忘れ外来」にかかり、飲み薬か貼り薬を選ぶことになった。医師に違いを質問したところ、「車でいうと、トヨタ自動車か日産自動車かというぐらいで大差ない。効果は症状の進行を遅らせることにある」と説明された。飲み忘れを防げると思い、貼り薬の「リバスタッチパッチ」を選んだ。

最初は1日4.5ミリグラムの処方だった。だが2カ月後に18ミリグラムへ増量。すると感情の起伏が激しくなり、暴言や過食がひどくなった。医師からは「薬を増やすとシャープになる」と言われていたが、その変化は想像以上だった。近所の人からは、老人会の集金に何度も来るので困るというクレームが長男の妻の典子さんの元へ入った。車を運転すると塀にぶつけるなどのトラブルも増え、典子さんの携帯電話が頻繁に鳴るようになった。

1年後、家族は疲弊してしまった。困り果てて別の認知症クリニックを受診すると、認知症薬を減らすことを勧められた。18ミリグラムを13.5ミリグラムにすると症状は落ち着いた。だが2~3日に1度は発作的に怒る状況が続いたので、9ミリグラムまで減らした。そして2年ほど経ったある日、薬を貼り忘れた日があった。すると2~3日間、驚くほど調子がよかった。それ以降、貼り薬をやめてしまった。

現在、美智子さんの認知症は家のトイレの場所がわからない状態にまで進行している。医師と相談し、別の認知症薬と抗精神病薬を服用している。典子さんは「義母も家族も落ち着いているので、今の状態で様子を見たい」と話す。

エビデンスめぐり意見が真っ二つ

認知症患者は国内だけで500万人以上とされる。このうち認知症薬を利用しているのは半数以上。認知症薬はいずれも段階的に量を増やすことが規定されている。そのため増量をせずに少なく処方すると、診療報酬明細書(レセプト)の審査で保険適用が認められず、医療機関の負担が増えるケースのあることが問題となっていた。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP