「まさにこういうサービスを待っていた」──。7月某日。2ケタ連勝が続く埼玉西武ライオンズの野球観戦に家族で訪れた男性(30代)は、満足げにそう語った。男性はこの日初めて、西武ライオンズの本拠地・メットライフドーム(埼玉県所沢市)に導入されたばかりのスマートフォン向け電子チケットで入場した。

従来の紙チケットは、ネットで購入しても、発券手続きはコンビニやドーム横のチケットセンターで行う。チケットセンターでは、休日の混雑時には最大15分ほど列に並ばなければならない。が、電子チケットはその必要がない。「入場ゲートに直接向かえばいいので、子どもを連れてくるのがとても楽になった」という。

別の男性利用者(40代)は、「同僚の分とまとめてネット購入することが多いが、電子チケットなら(現物を配る必要がなく)、URLをメールやLINEで簡単に共有できるのがとても便利」と、もう一つの利点を挙げる。

「設備いらず」の新技術が続々登場

ネット時代に、いまだ紙ベースが主流。そんな超がつくほどアナログだったチケットの世界が、急速に変わり始めている。

今回、西武ライオンズで導入されたのは、トランスコスモス傘下で今年6月設立のプレイグラウンドが提供する電子チケットサービス「クイックチケット」だ。ネットで購入したときの新たな発券手段として加えられた。購入手続きを済ませると、メールやLINEでチケットURLが届く。これを開いた状態で入場ゲートに進み、係員が専用スタンプを画面に押し当てるとウェブページが反応。紙チケットでいう「もぎり」が完了するという仕組みだ。

チケットを表示した画面に押すだけ。ライオンズ専用スタンプはレオの足形デザイン
プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP