5年に1度開かれる中国共産党大会。最高指導部の人事などが決まる最重要政治イベントだ。その第19回大会(通称・十九大)が10月18日から始まる。

前回2012年の党大会では、最高指導者の座が胡錦濤(こきんとう)氏から習近平(しゅうきんぺい)氏へ引き継がれた。習氏は今回の党大会で一段の権力集中を目指す。それは可能なのか。中国事情に詳しい二人が展望を語り合う。

一人は駐中国大使を務め、現在、宮本アジア研究所代表の宮本雄二氏。もう一人は中国・南京市に生まれ、日本でエコノミストとして活躍している富士通総研経済研究所主席研究員の柯隆(かりゅう)氏だ。

──10月の党大会で習氏の権力は盤石なものになりますか。

宮本 胡錦濤時代の反省があって、習近平時代が始まった。胡氏は最高指導者だった10年間に、ほとんど何もできなかった。総書記になった02年、最高意思決定機関である中央政治局常務委員会の体制は、7人から9人へ増員された。そのうち4人は、胡氏の前の最高指導者である江沢民(こうたくみん)派だった。

総書記は常務委員会を招集できるが主宰することはできない。それを江氏は利用した。もう一人味方につけ9人中5人を握り、自分の思うとおりに意思決定した。中央軍事委員会主席の座も04年まで譲らなかった。だから胡氏には権力が十分に集中しなかった。

12年に習氏へ政権が委譲されたとき、党内には「総書記はもう少し権力を持つべきだ」という世論があった。そのため習氏は中央軍事委員会主席も含め、すべての要職を手に入れた。次の党大会では、一段と権力を集中させるだろう。

 胡氏は歴代指導者の中で最も弱かった。だが、胡氏はトウ小平(とうしょうへい)氏に指名されている。習氏はトウ氏に指名されていない。この点が習氏の弱点といえる。なぜ総書記になれたのか、いまだに謎だ。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP