幕張メッセで大々的に行われた新型「リーフ」の発表会。日産の威信を懸けた車だ(撮影:大澤 誠)

「日産は初代リーフの発売以来、EV(電気自動車)の先駆者としての自負がある。新型リーフは今後の日産のコアとなる実力を持った車だ」

日産自動車は9月6日、EV「リーフ」を全面改良し、10月2日から日本で発売すると発表した。米国、カナダ、欧州でも来年1月に発売する。西川廣人社長は冒頭の発言のとおり、出来映えに自信を見せた。

日産は次世代エコカーとして、早くからEVに注力。2010年の発売以来、リーフの累計販売は国内で約8万台、世界では約28万台に達し、世界で最も売れているEVだ。

ただ日産・仏ルノー連合として当初掲げていた、リーフを含む16年度までのEV販売目標150万台には大幅未達。航続距離などに不安を持つ人が多かったためだ。現在月1000台程度にとどまる国内販売だが、初の全面刷新で、「新型リーフは間違いなく倍は売れる。3倍ぐらいはいける」と、西川社長は強気だ。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP