宮内正喜 フジ・メディア・ホールディングス社長兼フジテレビジョン社長
みやうち・まさき●1967年慶応義塾大学法学部卒業、フジテレビ入社。編成制作局長、常務取締役を務める。その後岡山放送社長、BSフジ社長を経て6月から現職。(撮影:風間仁一郎)

73歳の新社長が率いる新体制でフジテレビジョンは復活できるのか。

今年6月、BSフジ社長だった宮内正喜氏がフジテレビとフジ・メディア・ホールディングス(HD)の社長に就任した。長年経営を指揮した日枝久会長が取締役相談役に退き、グループは大きな節目を迎えつつある。どのように視聴率を上げ、業績回復につなげるのか。宮内氏に戦略を聞いた。

──社長交代について日枝氏とどんな話をしたのか。

BSフジや岡山放送時代にも何回か会い、フジをどう立て直すかという話をしていた。私は社長になるとは夢にも思っていなかったので「一体感がない」とか勝手なことを話していた。

今回、日枝さんからは「視聴率を上げて業績を回復させることしかない。どう変えてもいいから結果を出してくれ」とシンプルな言葉で内示を受けた。

厳しいタイミングで指名されたという気持ちはあるが、フジの視聴率と業績が落ちているのは看過できない。私自身もずっといたたまれない思いだった。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP