6回目の核実験の前日に核兵器研究所で視察する金正恩委員長。その水準に米国も焦る(提供:KCNA/UPI/アフロ)

8月29日の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射に、9月3日の核実験。北朝鮮は軍事挑発で米国をゆさぶっている。

理由は単純だ。米国と対話することで朝鮮戦争から続く休戦状態を終わらせ、平和条約を結ぶこと。これにより核兵器の保有と国家存続を保証できるようにするためだ。

「戦略的忍耐」と称した没交渉を続けたオバマ政権とは違い、トランプ大統領は逐一、北朝鮮の行動に口を挟んでいる。北朝鮮がミサイルを連発した8月には、「北朝鮮は世界がこれまで目にしたことがない炎と怒りに直面する」(8日)や、「北朝鮮が浅はかな行動を取るなら、軍事解決に向けた準備は整っている」(11日)などと応じていた。

だが、6回目となる核実験で、米国は「ここで止めないと本当にICBMが完成されてしまうと考え、制裁の実効力を高めるための策を練り始めた」と笹川平和財団安全保障企画室の渡部恒雄・特任研究員は指摘する。米国の焦りがちらつくようになった。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP