約6割が過労死ラインを超える残業を余儀なくされている中学校の教員。最大の原因は部活動だ。

日本体育協会の調査によると1週間に6日以上行われている部活動(運動部)は7割に上り、週7日行われている部活動も1割ある。

一方、スポーツ庁の調査によると、教員が全員顧問に当たることを原則とする学校が9割近い。土日もあまり休めない教員が多いのだ。

平日は授業終了後16時から18時ごろまで部活動に時間を割く。その後に授業準備や採点など教員本来の仕事に取りかかる。そうすると、帰宅は20~22時になる。休日も練習試合や大会があるときには1日通して付き添うことになる。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP