幹事長人事で早くも失態を演じた前原誠司・民進党新代表。党内の求心力を保てるのか(撮影:尾形文繁)

前原誠司新代表率いる民進党執行部のお披露目となるはずだった5日の両院議員懇談会が、立て直しのきっかけも兆しも見えない党の現状と将来を如実に表していた。

「冒頭に、人事のことでご心配をおかけしていることに、お詫びを申し上げたいと思う」

所属議員142人のうち4割以上の60人が本人欠席という冷めた雰囲気の中、あいさつに立った前原氏は幹事長人事をめぐる混乱へのお詫びから入ることになった。

混乱の当事者である山尾志桜里元政務調査会長の、平静を装うためこわばった表情が逆に心の乱れをうかがわせた。この時点で、山尾氏の幹事長起用を断念させた不倫疑惑を報ずる『週刊文春』は発売されていなかったが、概要はほとんどの議員や秘書が知っていた。

山尾氏の代わりに幹事長に就いた大島敦・元総務副大臣は「明るくやっていきたいと思います」とあいさつしたが、会場からの反応は冷ややかだった。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP