前レッスンでは、論理的でわかりやすい文の書き方を学んだ。ここから先は、文を連ねた文章の書き方を考える。本稿の指南役は、法科大学院やビジネススクール受験者向けの論文指導に定評のある吉岡友治氏だ。

吉岡氏がかつて学んだ米シカゴ大学大学院は、学術論文の様式である「シカゴ・スタイル」の発祥地として知られる。この論文作法の中に、しっかりとした根拠を示し、読み手を納得させる技法がある。

根拠=理由とざっぱくに理解しがちだが、吉岡氏は「理由・説明・例示の三つの要素で構成して初めて、読み手・聞き手を説得できる根拠になる」と解説する。

下の原子爆弾投下を擁護するための根拠は例題だ。まず「なぜなら〜だからだ」の構文を使って、理由を大まかに示す。この理由はあくまで、自分の考えの概要を述べるものだ。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP