身近でわかりやすい文章の代表といえば、新聞記事だろう。新聞が読みやすい理由は二つある。一つは、本特集で伝えているような文章の基礎を踏まえて書いていること。もう一つは、完成した文章を複数の人が読み、改善策を施していることだ。記者の原稿をデスクが直し、さらに校閲担当者が入念にチェックしている。

個人の場合、日々の文章を複数の人にチェックしてもらうのは現実的ではない。だが書き手自身の推敲でも、確実によくなる。推敲のコツを教えてくれるのは、ロングセラー『「分かりやすい文章」の技術』の著者で、コミュニケーション技術研究家の藤沢晃治氏だ。

藤沢氏はまず大前提として、多くの人が無意識に抱く誤解を指摘する。「読み手は自分の文章を、一字一句精読してくれると思いがち。だが実際には斜め読みがほとんどだ。だから推敲を加え、斜め読みに耐えうる読みやすい文章にする必要がある」。

文章を削る3つの方法

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP