1. 1文を短く

1文は短いほうが、わかりやすい。目安は40字程度。長ければ形容詞、形容動詞、副詞を中心とする修飾語を削る。「することが可能だ」のような冗長な語尾も不要だ。

2. 主語をやたらに省略しない

日本語は主語を省略できるとよくいわれる。だが本来省略していいのは、直前の文と同じ主語だけ。主語と述語の組み合わせは文章の骨格だ。

3. 接続詞は効果的に

接続詞は順接や逆接など前後の文の関係を示す。展開を明確にし、読み手・聞き手を結論に導く。だが多用すると、それぞれの接続詞の役割があいまいになり、むしろわかりにくい。

4. 根拠=理由+説明+例示

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP