言葉の力が求められる職種に、営業を挙げる人は多いだろう。第一生命保険営業調査役の柴田知栄氏は、1999年度から18年連続で保険契約高社内トップの座に君臨する、スーパー営業ウーマンだ。

しばた・ちえ●中央大学卒業。第一生命入社後、米国勤務を経て、1996年に営業職員に。99年度から18年連続で営業トップ。(撮影:風間仁一郎)

そもそも母の柴田和子氏が、30年連続で生保セールス日本一という大記録の持ち主。営業力は母から受け継ぎ、磨き上げたものだ。その知栄氏の言葉に対する配慮には、学ぶところが多い。

知栄氏は大きな声に少し早めの口調。「ワハハハ」とよく笑うこともあって、会話していると飲み込まれそうなぐらいパワフル、というのが記者の第一印象。だが印象と裏腹に、言葉遣いには細心の気配りがある。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP