北海道洞爺湖の湖畔。最近、中国資本が近隣の山林を買収した(田中正秋/アフロ)

広大な山林を抱える北の大地・北海道の土地が外国資本、とりわけ中国資本に買いあさられているのをご存じだろうか?

北海道庁によると、外国資本による北海道の森林買収は、2015年末現在で、1878ヘクタール(東京ドーム約400個分)だったのが、16年12月末には2411ヘクタール(東京ドーム約513個分)に増加した。

道によると、ほとんどが中国資本か、中国資本が関係しているとみられる日本やアジアの企業だ。しかも、調査対象は水源地に限られているため、この数字がすべてを網羅しているわけではなく、買収実数は、1~2ケタ多いという指摘すらある。

北海道の複数の地方議員によると、中国資本はこれまで、水源地や観光施設などをスポット的に買収してきたが、最近の買収形態を見ると、「なぜ、こんなところを買収したのか」と、「WHY」という単語がつねに付いて回るという。

「なぜ、こんなところを」

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP