サントリー創業者・鳥井信治郎の果てなき情熱とは。

琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎
琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎(集英社/344ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

──企業人主役の小説執筆は珍しいですね。

「人物の小説」は過去に自著が1冊しかなく、『ノボさん 小説正岡子規と夏目漱石』のみ。これは文学の範疇だった。経済人にお会いすると、ビジネスを手掛けてきた人なのだとの感慨は持つが、僕自身が執筆することはありえないと思っていた。

──鳥井信治郎が「人間の魅力」に満ちていたのですか。

連載が終わった直後の日本経済新聞の日曜版コラム(9月10日付)に記したとおりで、信治郎を描くことで「日本人とは何であるかを探る貴重な入り口に立てる」と思ったのだ。サントリーと仕事でかかわったのは2000年以降、毎年1月の新成人と4月の新社会人の日に、新聞広告で熱きメッセージを書くぐらい。現会長の佐治信忠さんが初期から僕の本を読んでくれていて、個人的な付き合いはあるが、つるんだりするのがダメな人という印象だった。

もともと、企業人との仕事はなるべくしないほうがいい、企業の中に立ち入らないほうがいいというのが僕の考えだ。2代目社長の佐治敬三さんには会ったことも話したこともない。サントリーとは20年ぐらいの付き合いだが、会社に行ったのは一度ぐらい。ラグビー場にさえ一度ぐらいしか試合を見に行っていない。

──作家としての作法なのですか。

むしろ問題は書いた後だ。お互いきちんとした垣根を持たないといけない。

会社自体が表に出さず“陰徳”を守り通す

──それにしても、小説の舞台調べは入念です。

信治郎を知ろうとする過程で、この企業が初代から100年以上続いているのは単純に経営や事業とは関係ない、企業としての母体に何らかの精神が宿っているのではないかと考えるようになった。会社自体は表に出さず守り通している「陰徳」だと合点がいった。

たまたま「書」についての連載を『文芸春秋』にしていて、博多の仙がい(がい=がんだれに圭)和尚の『仙がいの陰徳』という小冊子に触れる機会があった。仙がいは施しを受けても礼を言わない。なぜなのか。「施しとは高貴なもの。礼を言ってはその途端に自分のためのものとなり本来の施しの陰徳にはならない」と。調べ始めたら、その陰徳が初代の信治郎・クニ夫妻から続いている。

信治郎の書いた半生記『道しるべ』に書いてあるのは親孝行せよ、家族孝行せよ、とにかく神に祈れ、さらに近江商人の「三方よし」、つまり「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」のこと、最後に陰徳のことがあった。半生記とはいえ、ウイスキーを造り上げたことは1行も書いていない。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP