2022年、生産緑地が放出されて宅地になることが地価にどのような影響を与えるかをシミュレーションした。

生産緑地が50%放出された場合、75%放出された場合を全国の市区町村を対象にして分析した。表は生産緑地の多い都市(関連記事『一目でわかる大都市圏生産緑地MAP』)から順番に推計結果を並べたものだ。

結果は意外にも、おしなべて上昇というものだった。さらに50%放出したケースよりも75%放出したケースのほうが地価の押し上げ効果がより高いと出た。

コストが上がって価格転嫁される?

どうしてこのような結果になったのか。不動産コンサルタントの牧野知弘氏はこう分析する。

「土地の仕入れ値や建築費の上昇などが、地価の上がる結果に反映されているのかもしれない。ただ、現実には供給側の決めた価格で必ずしも購入されるわけではない」

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP