中国のハイテク企業、華為技術(ファーウェイ)は売上高8.7兆円(2016年、1元=16.74円で換算)、世界社員数約18万人のガリバーだ。中国・深センの本社を、早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)の入山章栄准教授とともに訪ねた。入山氏は米国で10年にわたり経営学研究に従事し、著書『ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学』などで世界の経営の標準を伝えている。その標準でファーウェイを見れば、同社の力の源泉が明らかにできるのではないか、という狙いだ。

入山章栄 早稲田大学 大学院経営管理研究科(ビジネススクール)准教授
いりやま・あきえ●1972年生まれ。2008年米ピッツバーグ大学経営大学院博士号取得。米ニューヨーク州立大学バッファロー校助教授を経て、13年から現職。(撮影:今井康一)

同行した記者がファーウェイ本社を訪ねるのは3度目である。

1度目は07年。その前年にファーウェイの通信基地局が、新興通信キャリアーのイー・モバイル(現ソフトバンク)に採用されたことがきっかけの取材だった。価格競争力を武器に世界で急成長するファーウェイ。その日本参入とあって、競合であるNECの役員に日本で「脅威ですか」と尋ねたら、「あんな新興企業と比較するとは失礼だ」と怒らせてしまった。

確かに当時のファーウェイの年商は、NECの4分の1以下。だがそれが今、3.2倍に逆転している。移動通信設備市場のシェアも29.1%と、スウェーデン・エリクソンなどを退け世界首位。過去10年で起こった地殻変動だ。

2度目の訪問は11年、スマートフォンの普及が急速に進んでいた当時だ。ファーウェイ幹部が「端末(携帯・スマホ)市場で5年以内にトップ3になる」と宣言するのを書き留めながら、記者は「それは無理では」と思った。当時の台数シェアは10位。上位にはソニー・エリクソン(現ソニーモバイルコミュニケーションズ)や台湾HTCといった手強い企業がいた。一緒に訪問したITライターの多くも記者と同意見だった。

アップル超えは時間の問題?

ところが今ファーウェイはまさに、サムスン電子、アップルに続く世界3位。しかも伸び率は3社で最も高い。アップルを超えるのは時間の問題、と複数の産業アナリストが予測している。

猛追は、利益を犠牲にした消耗戦の結果ではない。1兆円以上の研究開発投資をしてなお、営業利益率10%前後を維持している。この強さはどこから生まれるのか。

それを探るために3度目の今回は入山氏に同行をお願いした。

前日に市内中心部でファーウェイ製品を下見
プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP