フランスのマクロン大統領が9月下旬にパリのソルボンヌ大学で行った演説は、欧州の将来ビジョンを描く野心的なものだった。欧州を覆う排外主義に対抗する方法を示したからである。

演説は、数多くの危機に直面している欧州連合(EU)の加盟国に協力を呼びかけるものとして歓迎された。だが、ユーロ圏経済の改革という難題については、満足のいく案を同氏は示せなかった。

慎重姿勢を崩さない加盟国のリーダー、とりわけドイツのメルケル首相を説得するのに、マクロン氏は苦労することになるだろう。9月の総選挙での苦戦によって、メルケル氏は自由に行動できる余地が減ってしまったからだ。

とはいえ、EU改革を訴えるマクロン氏の主張は力強く、前向きなものだった。

今度は、ドイツが応える番である。マクロン氏の計画が失敗に終われば、欧州は排外主義に屈することになってもおかしくない。そうなれば、ドイツにとっても大打撃だろう。ドイツが経済的に成功し、政治的に独自の存在感を持つことができているのは、EUがしっかりと機能しているからだ。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP