7月に発生した九州北部豪雨。流れてきた土砂や流木で被害が広がった(福岡県朝倉市)(時事)

2017年は天候変化がめまぐるしい。関東地方では空梅雨かと思えば8月の低気温と長雨。7月はじめに九州北部地方を襲った豪雨も記憶に新しい。今夏は沖縄・奄美地方での異常な高温、東北地方にまで及んだ台風もあった。

よく異常気象の原因として地球温暖化が挙げられる。確かに過去100年の月平均気温の推移を見ると、最高気温はそれほど上がっていないが、最低気温は明らかに上昇している。さまざまな天候の異変はなぜ起こるのか、温暖化はどこまで影響しているのか。

台風は昔のほうが強い

本格シーズンを迎える台風。発生頻度が高まり、大型化している印象があるが、実はそうでもない。「台風に関しては、上陸時の勢力はむしろ昔のほうが強い」と気象庁予報部アジア太平洋気象防災センターの石原洋予報官は言う。

8月4日に日本に上陸した台風5号は、7月21日に太平洋で発生してから秋田県沖で温帯低気圧に変わるまで18.75日と史上3番目の長寿命台風だった。が、最長寿は1986年の14号、2位は72年の7号と、30年以上も前だ。

過去最大の台風は、上陸時の中心気圧が925ヘクト パスカルだった第2室戸台風(61年)。2番目は59年の伊勢湾台風で、上位10件のうち90年代以降は2件のみだ。

温暖化が進むと、海面水温が上昇し空気中の水蒸気量が増えて台風の勢力は強くなる。一方で上空の大気温も上昇するので地上(海面)近くの空気との温度差が小さくなって大気が安定し、発生件数は減る。

大西洋では巨大なハリケーンが増えており、温暖化の影響と考えられている。ただ北西太平洋域では、台風の発生回数は年間25~26、そのうち日本への上陸は2.7と以前と変わらない。現時点では温暖化よりも、台風が発生した際の大気などの気象条件のほうが、要因として大きいとみられる。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP