ビットフライヤー代表取締役 加納裕三
FX投資家の流入で取引量が急増

かのう・ゆうぞう●1976年生まれ。外資系証券会社を経て、2014年にビットフライヤーを共同設立。

──「ビットコイン取引量で日本1位」とうたっています。

月間取引量は約2兆円で、ほかの取引所を大きく上回る。1日の取引量で世界一になる日もある。この数字は、証拠金を担保に最大15倍の額の売買ができるビットコインFXを含む。

取引量、つまり流動性の高さは取引所にとって大きな強みだ。流動性が高ければ高いほど利便性は高まる。ユーザーもその点を評価してくれており、口座開設数は国内最大と推定される累計80万に上る。

8割が男性ユーザー

──今年1月時点での口座開設数は40万超でしたので倍増ですね。

法定通貨でFXをしていた投資家が新規ユーザーとして流入してきた。結果として、ビットコインFXの取引量は現物取引の8倍程度に膨らんでおり、彼らが取引量の多くを支えている。

中でも20〜40代のユーザーが多く、8割が男性だ。実際、取引は会社員が会社から帰宅した後とみられる午後8時〜午前1時の時間帯と、土日に増えている。当社が提供しているAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を使い、自ら自動売買プログラムを作って取引する専門的な人もいる。

──ビックカメラなどにビットコイン決済サービスも提供しています。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP