大阪府薬剤師連盟は渡嘉敷議員を全面支援

「皆さまには、専門性を大いに発揮していただき、患者本位の『かかりつけ薬剤師・薬局』として活躍していただきたいと思います」

10月8日。都内で開かれた第50回日本薬剤師会(以下、日薬)学術大会の開会式で、安倍晋三首相はそう述べ、薬剤師・薬局への期待を表明した。現職の首相が出席するのは初めて。22日投開票の衆院選が迫っていたという特殊な事情があったとはいえ、薬剤師らは歴史的な出来事に沸き立った。

薬局・薬剤師業界と政治、とりわけ自民党とには、切っても切れない縁がある。1970年代に、院内処方が主流だった医療機関を院外処方に切り替えるよう促す「医薬分業」に国が舵を切って以降、増加し続けている調剤薬局の経営を支えるのは、国が定める「調剤報酬」。2年に1度の調剤報酬改定での予算確保には政治家の手腕が大きく影響した。

自らの業界からも政治家を輩出している。現在の主要な議員でいえば、麻生派の重鎮で国家公安委員長も務めた松本純衆院議員、現環境副大臣の渡嘉敷奈緒美衆院議員らが、薬剤師資格を持ち、日本薬剤師連盟が推薦する自民党議員の代表格。参院では、元厚生官僚の藤井基之氏らを国会に送り込み、次期参院選では新たに製薬企業や薬局での勤務経験のある本田顕子氏を推すことも決めている。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP