多くの医療機関から処方箋を受け付ける上田の薬局は、豊富な医薬品を取りそろえ一般用医薬品も充実している

「薬局の理想郷」と称され、霞が関からほかの薬剤師会まで見学希望が引きも切らないのが、長野県上田市を中心にカバーする上田薬剤師会(飯島康典会長)だ。上田の取り組みはいま国が推進している、かかりつけ薬剤師など諸政策の原型となっている。

大病院の周辺で調剤のみを専門で行う門前薬局は、上田にはほとんど存在しない。薬局が一つの病院や診療所から受け取る処方箋の割合を見てみると、全国平均では75%に上るのに対し、上田では30%程度と大幅に低い。実際、上田薬剤師会の薬局は、平均で月80超の医療機関からの処方箋を受け付けている。どの薬局でも一般用医薬品(OTC医薬品)を豊富に取り扱っている。

まさに医薬分業の理想だが、実際に個人薬局がこうした体制を整えるのは容易ではない。病院でも診療所でも相手が一つなら相手に合わせた薬さえ用意すれば事足りるが、相手が多くなればなるほど、準備しておかなければならない医薬品は膨らむことになる。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP