与党3分の2 熱狂なき大勝

11月1日、第4次安倍内閣がスタートした。これから日本の政治はどうなっていくのか、与野党の課題はどこにあるのか。アカデミズムとジャーナリズムの第一線で政治を見続ける飯尾潤・政策研究大学院大学教授と柿崎明二・共同通信論説委員が語る。

──10月22日の衆院選は与党完勝でした。全体的な状況認識は?

飯尾 私は必ずしも安倍晋三首相が強くなったとは思わない。野党が弱かったので選挙では自民党が勝ったが、議席数は選挙前とさほど変わらない。むしろ希望の党の結成直後、「反安倍」の機運が盛り上がり、安倍政権の基盤の脆弱さが明らかになってしまった。安倍首相は計算どおりの勝ちを得ておらず、安倍政権への支持は盤石ではない。今後は自民党内をまとめる苦労が予想され、「安倍一強」がさらに強まるとはいえない。

──安倍首相が計算どおりの勝ちを得ていない、とは?

飯尾 議席数ではなく、勝ち方の問題だ。今回の総選挙では後遺症が残ってしまった。政権基盤の脆弱さが見えたことを国民は忘れない。また、野党がガタガタに弱くなってしまったので、安倍首相は野党との対決で自民党内をまとめるという手法を使いづらい。280議席超と大勝してしまったので、衆院の解散権を使って自民党の陣営をまとめることも難しくなった。

──与党完勝でも、「安倍一強」が強まったわけではない、と。

柿崎 「勝った」とか「強い」とかいうのは正確ではない。前回の衆院選も同様だったが、野党は準備不足以前の分立状態にあった。野党の不調を狙って衆院を解散し選挙をやって勝っただけ。こうしたやり方を続ければ自民党は中長期的には確実に弱くなっていく。

一方、野党の議員は精神的にもへとへとになっている。選挙期間中の夜に与野党の議員から電話がかかってきたが、旧民進党の議員の中には酔ってもいないのにろれつの回っていない人がいたし、最近は当選したのに引退したいと漏らす人もいる。希望の党へ合流したのは、政治信条というよりも、選挙に落ちないことに必死な人たちが大半だ。野党がおかしくなると、与党も緊張感がなくなりおかしくなる。結局は日本の政治を土台からぶっ壊すことになると思う。

飯尾 安倍首相の強引なやり方に国民が怒って自民党を下野させる、ということにならないのは、やはり野党の責任だ。有権者本位で考えて、そこに党を合わせていくべきだ。どうして旧民進党がダメだったかというと、選挙対策で候補を絞ることしか考えていなかったからだ。もっと有権者に根を張って、しっかりした基盤を作らねばならない。しかし、旧民進党はそういうことをやる気が全然なかった。自民党も同じような傾向があるが、権力があるから有利というだけ。ほかの国だとこのような2大政党のすき間を縫ってポピュリズム政党が出てくる。小池百合子代表の希望の党もそのたぐいだ。日本では極右のポピュリズム政党が出てこないが、それは安倍首相が押さえているから。そういう勢力は安倍首相で満足しているのだろう。

ただ、右派(保守主義的)とか左派(社会主義的)とかという軸がはっきりしなくなった。社会的争点、経済的争点、外交・安全保障争点とそれぞれで考えないといけない。財政再建に熱心だった民主党政権と財政拡大に熱心な安倍政権ではどちらが左だかわからない。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP