銘柄探しのために広く使われているのが、PER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)の二つの指標だ。

PERは「株価÷1株当たり利益」で、PBRは「株価÷1株当たり純資産」で算出する。

PERは現在の株価が1株当たり利益の何倍かを示しており、業績面から株価を判断するもの。PBRは現在の株価が1株当たり純資産の何倍まで買われているかを示し、会社の資産内容から株価を判断するものだ。PERもPBRも、数値が低いほど株価が割安水準にあることを表している。

PBR1倍以下でも財務状況などに注意

PERは株価が下がれば数値は下がる。純利益が前期より増えればPERが下がる要因となる。その会社の時系列での比較や、同業他社との比較で株価が割安かどうかを見比べることができる。IT関連業界は成長期待が高く、PERが高く出る傾向がある。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP