中国では出前アプリの利用が急拡大している。写真は湖北省襄陽市で配達中の美団外売のドライバー(Imaginechina/時事通信フォト)

中国でまた、無名の巨大ユニコーン企業が誕生した。

10月19日、中国のネット大手テンセント(騰訊)など数社は出前サービス大手の「美団点評」に40億ドルを追加投資した。今回の資金調達により、美団点評の企業価値は300億ドルとなる計算で、伊藤忠商事の時価総額を上回る。

2015年に美団網と大衆点評網との合併でできた同社は、出前サービスを中心に、共同購入(団購)サイトの運営、レストランの評価などを手掛けている。海外ではほとんど無名だが、傘下の美団外売は中国の巨大な出前サービス市場シェアで先頭を走っており、競合の「餓了麼」(お腹が空いたかの意味)と双璧をなしている。

実は、餓了麼は8月24日に業界3位の百度外売を吸収合併し、市場シェアを大幅に伸ばしたばかりだ。買収の軍資金として今年5月に同社筆頭株主のアリババから10億ドルを追加調達した。美団点評の40億ドル増資はその一連の動きに刺激されたものとみられる。

餓了麼の統計によれば、出前サービスの市場シェアで、16年末の上位3社は餓了麼41.7%、美団外売36.4%、百度外売13.2%と、統合後の餓了麼は市場の過半を占める。一方、美団外売の統計によれば、17年上半期の美団外売の同シェアは45.2%、統合後の餓了麼は42.7%となっている。

どちらが首位かは別として、出前サービス市場は、巨額資本をバックに持つ大手2社へ集約される寡占市場となっている。配車アプリやライドシェア業界と同様、熾烈な戦いが起きると予想される。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP