中国共産党党大会が10月24日、閉幕した。予想どおり習近平体制の強化を明らかにした、いわゆる「習氏一強」の結果である。終わってみて、どうか、と聞かれても、さほどの感興はない。いわば不感症になってしまったようでもある。

党大会が始まるかなり前から、そうした観測は大同小異だった。どのように制度をいじるのか、どんな人物を登用するのか、具体的な措置に関心が集まったのも、そのためだろう。その限りで報道はおびただしく、脈絡無しにたくさんの人名や専門用語が出てきて、いささかうんざりした。

日本の報道にうんざり

歴史しか知らない筆者からすれば、この党大会にさほどの違和感はなかった。むしろ報道が下馬評さながら、騒ぎすぎといった印象を受けている。首脳部の人事など、ずいぶん先走ったものもあった。

たとえば、開幕直前17日の毎日新聞である。習近平は「次世代指導者の陳敏爾・重慶市党委書記を国家副主席に内定させた」と報じ、「憲法改正を含む大規模な制度改革に取り組む」挙を避けて、「陳氏を後継ポストに据えることで、影響力を保持する道を選択したとみられる」と論評した。

けれども蓋を開けてみると、案に違って、陳敏爾の最高指導部入りは見送られた。少なくともこの記事に関するかぎり、けっきょく誤報だったわけである。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP