製品開発を率いたリンプ上級副社長。サイズや機能が異なる3製品を日本で発売する(撮影:尾形文繁)

米アマゾンが作り上げた最先端の“頭脳”がようやく日本にやってきた。米国から遅れること約3年、アマゾンは自社開発のAI(人工知能)「アレクサ」を搭載したスピーカー「アマゾン・エコー」を日本で発売する。当初は一部のユーザーに招待制で販売し、11月13日の週から出荷を始める。基本モデルの価格は1万1980円だ。

10月上旬にはグーグル、LINEの米日IT大手が相次いでAIスピーカーを日本市場に投入。アマゾンは3番手となったが、主戦場の米国では2014年にいち早く発売し、全世界で数千万規模となったユーザー数は他を圧倒する。

ニュースの読み上げや音楽再生といった基本機能に加え、パートナー企業の提供するアプリケーション「スキル」の多様さ(全世界で1万5000超、日本は発売当初250超)がアレクサの売りだ。日本でもIT、金融、鉄道などの大手が続々と参画している。

「(米SFドラマの)『スタートレック』に出てくる、どんな質問を投げかけても答えてくれるコンピュータの再現を目指した」。アマゾン米本社でデバイス・サービス部門を統括するデイブ・リンプ上級副社長は、アレクサの開発に着手した当時をそう振り返る。

ITインフラ事業のアマゾン ウェブ サービス(AWS)で培ったクラウド技術と、ネット通販のレコメンド機能で磨いた機械学習の技術を組み合わせたら、どんな新事業を生み出せるか──。開発は、社内エンジニアへのそんな問いかけから始まった。その中で機械学習のエンジニア集団が音声認識に注目。試行錯誤を重ね、AIスピーカーの試作モデルを作った。

「今のエコーとは似ても似つかないほど反応は遅く、うまく機能しなかった。だが、部屋のあちこちから声だけで時刻や天気を聞けるのは、なかなかうれしいもの。われわれは確かな感触を得た」(リンプ氏)

開発は5000人体制に

アレクサやエコーの開発に対し、リンプ氏の直属の上司であるジェフ・ベゾスCEOは「Invent!(発明せよ!)」の一言でゴーサインを出したという。「新しいものの発明が彼自身の何よりの関心事であり、これはリスクを恐れず投資に踏み出すべきという判断だった」(リンプ氏)。

アレクサや関連デバイスの開発にかかわる人員は、全世界で5000人を超えた。リンプ氏によれば、「10人弱のチームがそれぞれ一つのテーマに徹底して取り組む」という開発体制を組む。あるチームはアラーム機能だけ、別のチームはタイマー機能だけの改良に集中する、という具合だ。

AIスピーカー市場の先頭を走るアマゾンだが、課題も少なくない。「人間のように自然に会話できるまでにはまだ時間がかかる。自然言語処理の技術を磨き、人間の記憶の仕組みや文脈のつかみ方をアレクサに教え込む必要がある」(リンプ氏)。また、アマゾンのコア事業であるネット通販については、米国を軸に音声による買い物機能の改良を進めているが、「まだ利用規模が小さい」(同)。

各社の製品が出そろい、ユーザーの期待は膨らむばかり。独走する「アマゾンAI」の進化への注目はまだまだ高まりそうだ。

プラス会員(有料)にお申し込みいただくと
下記のサービスがご利用いただけます。
  • 『週刊東洋経済』のすべての記事がWebで読み放題
  • 『週刊東洋経済』が毎号届く
  • 『会社四季報 業界地図』のコンテンツが閲覧できる

    ※一部のコンテンツは無料会員記事でも閲覧が可能です。

  • 東洋経済主催セミナー無料ご招待
プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP