三菱東京UFJ銀行バンコク支店は買収したアユタヤ銀行と1月5日に統合した

国内収益ジリ貧のメガバンクが、アジアでの攻勢を強めている。

1月5日、三菱東京UFJ銀行(BTMU)はタイのバンコク支店を、同国5番手のアユタヤ銀行と統合した。BTMUは2013年末、アユタヤ株の72%を約5360億円で取得。一つの金融グループが保有できる預金受け入れ機関は一つというタイの規制もあり、今回の統合に至った。

統合で、BTMUバンコク支店で取引をしていた日系企業約4000社は、アユタヤの600以上の支店の利用が可能に。また、「アユタヤの3万社以上の取引先と、日系企業とのマッチングも本格化する」(BTMUの大澤正和アユタヤプロジェクト推進室長)。たとえばタイの日系輸送機メーカーのインドへの進出案件。BTMUバンコク支店では取引のなかった部品メーカーをアユタヤで取引があったため紹介でき、インドへ共に進出する契約ができた。

さらにBTMUがもくろむのは、個人取引の拡充だ。日本の銀行で、アジアの個人取引に踏み込めているところはない。だが、アユタヤの貸出残高のほぼ半分は個人向け。市場シェアは個人ローンで3割、クレジットカードローンで2割あり、いずれもタイ国内首位を誇る。「(BTMUは)過去約50年間、タイで個人向け取引を提案できたことは一度もなかったが、今回初めてできるようになる」と大澤室長は意気込む。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP