『会社四季報』2015年新春号

株式投資の銘柄選定でいちばん大事なのは業績だ。ポイントは、継続的な利益拡大が今後も期待できるかどうか──。そこで、独自取材による今・来期の業績見通しを掲載した小社発行『会社四季報』の最新号(2015年新春号=右写真)を基に、足元の業績が好調で、中長期でも好業績が期待される企業をキーワード別に探った。

人手不足

企業の採用活発化で恩恵

[図表1]
拡大する

昨今の景気回復や円安などによる企業業績の好転により、企業の人材採用が活発化している。厚生労働省が発表した14年11月の有効求人倍率は1.12倍となり、22年ぶりの高い水準となった。こうした人手不足は当面続き、人材関連企業にとって強力な追い風となっている。

今や新卒市場は売り手市場に。学情が主催する「就職博」への出展企業は大幅に増えている

合同企業説明会「就職博」を企画・開催する学情は、人手不足を背景に業績が拡大中の1社だ。昨年から大卒の新卒採用は売り手市場となっており、人材確保のために就職博への出展を希望する企業が急増。出展料の単価もアップしている。ニーズが強いため、今15年10月期は開催回数をさらに大幅に増やし、過去最高益に並ぶ見通し。

アルバイトの求人も大幅に増え、その恩恵を受けているのが、バイト求人サイト「バイトル」を運営するディップ。AKB48をイメージキャラクターに採用して積極的な広告宣伝を打ち、学生の間で同サイトの認知度は高い。求人件数の増加で業績は急拡大。今15年2月期は過去最高益の大幅更新が確実で、来16年2月期も一段の業績拡大が濃厚だ。

 

海外で稼ぐ

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP