都心のタワー型高級マンションは資産性が高く、投資対象としても検討したい(写真はイメージ)(撮影:尾形文繁)

サラリーマンの間でも不動産投資がにわかに注目を集めている。歴史的な低金利の銀行融資を活用して複数の不動産を所有すれば、賃料収入で生計を立てることができ、将来の資産形成にもつながるからだ。加えて、アベノミクスの金融政策が引き起こす資産インフレ期待がサラリーマン投資家の不動産投資熱をさらに高めている。

一口に不動産投資といっても、物件の種類によりその方法とリスク・リターンはまったく異なる。王道は、都心の駅や大学の近くに、学生・若年層向けの賃貸マンションを一棟丸ごと所有する投資法だ。25平方メートルのワンルームが20戸ほど入っている鉄筋コンクリート造りで3億円前後の物件が一番の人気だ。

都心では物件価格の約7割が土地の値段。土地は経年劣化することなく、不動産価格が上昇した際には土地の価値が上がるため、土地の価格比率が高い都心の一棟マンションは資産性が高い。また、都心の物件なら、入居者募集に苦労することも少ない。こうした理由から、超低金利下で都内の一棟マンションが投資対象として人気を集め、市場では物件価格の上昇が続いている。

ただ、これから投資を始めようとする大家さん予備軍にとって、すでに相場が大幅に上昇した一棟マンションはうまみが少なくなった。現在では、諸経費と借入金利を差し引いて十分な利益の上がる投資物件が出回ることはあまりない。仮にそうした物件があったとしても、相続の相談を受けた信託銀行などがなじみの投資家にまず紹介し、市場に出回る前に成約してしまう。

このような「川上」の物件情報をいち早く得られる環境が整っていなければ、市場で高値づかみすることにもなりかねない。したがって、昨今の一棟マンションは、新規参入の投資家にはハードルが高い。

オススメは都心の高級タワーマンション

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP