東京ガスの扇島工場。料金は原料価格に左右されるが、効率化で値下げ努力を進めている(撮影:今井康一)

都市ガス料金は近年、多少の波はあっても上昇傾向にある。東京ガス管内の標準家庭の料金で見ると、東日本大震災直前の2011年2月分は5230円だったが、15年2月分は6071円と、4年間で約16%上昇した(図表1)。ただ、同期間に36%上がった東京電力の標準家庭向け電気料金ほどではない。

[図表1]
拡大する

ガス料金上昇の主因は、原料の値上がりだ。都市ガスの原料は約95%が液化天然ガス(LNG)で、残りが液化石油ガス(LPG)。どちらも輸入に頼っている。ここ数年、LNG価格が原油に連動して上昇傾向にあったのに加え、急激な円安でLNGの輸入価格がカサ上げされた。それが「原料費調整制度」を通じて料金に転嫁されている。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP