アラン・グリーンスパン
元米連邦準備制度理事会議長

(撮影:尾形文繁)

システムが非常に複雑化しているとはいえ、生活レベルを向上させるのは経済に占める資産や富のシェアが拡大したときだ。(米国外交評議会講演にて〈2014年5月7日〉)

【解説】「マエストロ」がピケティにかみついた。米外交評議会の講演で「ピケティが世界的な資本課税を提言していることについてのあなたの見方は?」との問いに、即座に「それは資本主義ではない」と拒否反応。所得格差が緩やかに広がっているのは事実だが、急速な技術変化にうまくついていけない人たちが出ているためだとの見解を示した。

米国のリバタリアニズム(自由至上主義)の思想家アイン・ランドを信奉するグリーンスパン。やはり、ピケティとは肌が合わないらしい。

 

タイラー・コーエン
ジョージメイソン大学教授

(Getty Images)

ピケティは累進的な資本課税は労働意欲に打撃を与えないと主張している。しかし、そうした課税は長期的には人的資本と新ビジネス創出への投資を減少させる。資本収益に関する彼の議論が示唆する重要な意味も認識していないようだ。ピケティが主張するように収益の減少を回避できるほど資本が機動的でダイナミックなら、富裕層の富は課税を回避できるだろう。政府は富裕層を締め上げてもうまくいかないと考え、税収の対象を別のところに求めなくてはならなくなる。(米『フォーリンアフェアーズ』2014年5・6月号)

【解説】米国の人気経済学ブログ「マージナルレボリューション(限界革命)」を運営するタイラー・コーエンは昨年春、『21世紀の資本』の書評でピケティを批判した。ポイントは二つ。一つは、富裕層の富の拡大は戦略的なリスクテイクが必要で想像以上に難しく、淘汰も多いこと。もう一つは、処方箋の資本課税がうまくいかないことだ。監視されない資本と資本家は必然的に過剰な権力を持つようになるとの指摘はそのとおりだが、ピケティは政府と政治家がその力学から何とか逃れられると信じているようだと批判している。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP