もはや「机上の空論」ではない

経済学は、「机上の空論」であるといわれてきた。

物理学と異なり、経済学では実験ができない。そのため理論の正しさを検証できず、百家争鳴の状態が続いてきた。

しかし、最近の実証重視の経済学は、そうした限界を克服し、現実妥当性を高めることに成功しつつある。一つの契機は2002年、感情に左右されがちな経済心理を研究する行動経済学の開拓者ダニエル・カーネマン、経済理論の現実妥当性を検証する実験経済学の開拓者バーノン・スミスにノーベル経済学賞が授与されたことだ。

実験経済学の基本原理は、無作為比較対照と呼ばれる考え方だ。

これは医薬品の評価では当たり前に用いられている、因果性を同定する最強の方法として知られる。

実験参加者をランダムに、トリートメントグループ(医薬品を服用するなどの介入を受ける)とコントロールグループ(そうした介入を受けない)に分け、個々人のバイアスに汚されていない介入効果を測る。

経済学におけるこうした実験的手法への関心の高まりは、公共事業の甘い見積りなど、結果ありきのお手盛りが社会的に批判を浴びたことと無縁ではない。正しい手法で正しい経済効果を測定するニーズは非常に大きくなっている。

経済実験は当初、実験参加者を経済実験室に集め、仕切られたパソコンのブースを通じて行われた。しかし実験室での経済行動は現実の行動とは別物である。そこで無作為比較対照実験を実際の生活の中で実施するフィールド実験が注目された。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP