民主党代表選挙を終えた壇上、右から長妻昭氏、岡田克也新代表、細野豪志氏、海江田万里前代表(1月18日)(時事)

民主党は1月18日の党大会で、新代表に岡田克也代表代行を選出、新たなスタートを切ることになった。先の総選挙で民主党は、安倍晋三首相率いる自民党の圧勝を許し、「一強多弱」といわれる政治情勢の中での厳しい船出である。岡田新代表には、党再建とともに、政治の舞台で自民党に対抗できる2大政党の一翼を担い、社会の中では「多様性」という、自民党とは異なる文化を代表する勢力を育て上げるといった重い役割が求められている。

代表選挙では岡田氏のほか、長妻昭元厚生労働相、細野豪志元幹事長が立候補。全国各地で立会演説会などを繰り広げた。衆参両院の国会議員、地方議員、党員・サポーターらによる第1回投票の結果、長妻氏が168ポイント(党員・サポーター67ポイント、地方議員27ポイント、国会議員37人=74ポイント)、細野氏298ポイント(党員・サポーター139ポイント、地方議員63ポイント、国会議員48人=96ポイント)、岡田氏294ポイント(党員・サポーター148ポイント、地方議員51ポイント、国会議員47人と参議院選挙公認候補予定者1人=95ポイント)だった。

細野、岡田両氏の決選投票(国会議員と参院選公認候補予定者が投票)の結果、細野氏120ポイント、岡田氏133ポイントで、岡田氏が接戦を制した。細野氏は統一地方選挙を控えた地方議員らの待望論などに乗って支持を広げたが、細野氏の「野党再編論」を嫌う党内左派から警戒され、決選投票で伸び悩んだ。

岡田氏は1953生まれ。安倍首相より1歳年上だ。通商産業省(現・経済産業省)を経て90年総選挙で自民党から立候補して当選。その後、政治改革を訴えて小沢一郎氏らとともに自民党を離党、新進党などを経て民主党結成に参加した。党政調会長、幹事長などのほか、民主党政権では外相、副総理を歴任している。原理・原則にこだわり、「ぶれない」ことを政治信条としている。今回の代表選では民主党の自主再建を主張、細野氏が維新の党などとの野党再編を念頭に置いた行動をとっていたことを批判した。民主党内では「人の話に耳を貸さない」とか「融通が利かない」とかいった批判がくすぶる。

岡田氏は、今回が民主党再生のラストチャンスと位置づけているだけに、代表自身も変わって「ニュー岡田」をアピールしていく必要もあるだろう。

具体的な課題とは

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP