「チキンといえばケンタッキーという状況になっていない」。昨年1月の社長交代会見ではこう述べていた。コンビニエンスストアなど中食市場が拡大する中、どう対抗していくのか。今後の展望を近藤社長に聞いた。

こんどう・まさき●1955年生まれ。78年三菱商事入社。伯国(ブラジル)三菱商事社長を経て、2014年から現職。(撮影:梅谷秀司)

──足元の客数は前年を上回っている。これをどう評価しているか。

2013年度まで3期連続で客数は減っていただけに、ようやく下げ止まったという印象にすぎない。競争環境は一層厳しくなり、ボーダーレスの争いになっている。

──ボーダーレスとは?

外食に加えて、コンビニやスーパーを含めて、まさに食の機会の奪い合いになっている。中でも、コンビニは全国に5万店もあるうえ、好立地に出店しており、われわれにとって脅威であることは間違いない。

(「セブンカフェ」などの)コンビニコーヒーに代表されるように、調理のイノベーションはどんどん進んでいて、当社の商品もさらに磨きをかけていく必要がある。一方、コンビニ各社はチキン商品を積極的に販売しており、この市場を盛り上げているという意味では、ありがたい存在だと認識している。その中でケンタッキーのポーションも増えると思っている。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP