第1四半期の営業利益は125億円と、通期予想280億円の上方修正は確実だ(撮影:今井康一)

「どうしても気が緩む。危機感を持つようにしている」。1月末に開かれたサイバーエージェントの決算説明会。藤田晋社長がリスクに挙げたのは、四半期で過去最高の好決算だった。2015年9月期第1四半期(14年10~12月)は、売上高が前年同期比45%増、営業益は2.9倍にも膨らんだ。

[図表1]
拡大する

後押しした要因の一つが、PCからスマートフォンへの大胆なシフトだ。主力のインターネット広告事業は、シェア3割を握るスマホ向けが右肩上がりで、スマホゲームの新作もヒット。売上高に占めるスマホ比率は77%で、3年前の13%から急上昇した。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP