神戸市にある先端医療振興財団の臨床研究情報センターで。センターには医師やIT、統計解析などの専門家が集まる(撮影:ヒラオカスタジオ)

医師でありながら医療のあり方に公然と反旗を翻し、煙たがられながらも「正論」を貫いてきた。医学界に歯向かっていただけなら、単なる異端児で終わっていただろう。だが、福島雅典(ふくしま・まさのり)(66)は、そこに風穴を開け、新しい医療のあり方への道筋を築き上げてきた。今や日本の臨床試験を支えるリーダー的な存在だ。

こんなことがあった。

1995年、まだ46歳の頃だ。愛知県がんセンター医長だった福島は、医療過誤訴訟の法廷に証人として立っていた。

がんで入院中の女性が開発中の治験薬の投与を受け、副作用とみられる症状で死亡した。家族が、インフォームドコンセント(IC)もなしに治験薬の投与を受け、その副作用で死亡したとして損害賠償を求めた裁判だ。

福島は、自分の所属するがんセンター側の証人ではなく、訴えている患者側の証人として出廷した。当時の様子を伝える朝日新聞は、福島の証言をこう記している。

「規定以上、投与されている。信じ難い」「医療になっていない。(今回のような使い方をすれば)健康な人でも死ぬ」

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP