「経済社会問題への対応について、二つの多党制国家の政策を対照して論ぜよ」。これは、「国際バカロレア」の試験で過去に出題された歴史の設問の一つだ。

国際バカロレアとは、3歳から19歳までを対象とした教育プログラムの総称だ。発祥は多くの国際機関が集まるスイスで、外交官や国際機関職員、駐在員などの子女がインターナショナルスクールを卒業後、世界各国の大学に円滑に進学できるようにすることを目的に作られた。1968年に設立された国際バカロレア機構によって、世界的に認められる大学入学資格や、各国の大学で学力が正当に評価される成績証明書が与えられる。

[図表1]
拡大する

国際バカロレアのプログラムは、日本の高校教育の枠組みに近いディプロマ・プログラム(DP)からスタートして、現在では、日本の幼稚園・小学校に当たるプライマリー・イヤーズ・プログラム(PYP)や、中学校に当たるミドル・イヤーズ・プログラム(MYP)などがある。冒頭の設問は、DPで卒業前に行われる世界統一試験の出題例だ。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP