ゼロ金利に慣れた日本人には想像しにくいかもしれないが、欧米では安定して収入を得られる投資対象として債券にも人気がある。債券を運用資産に組み入れれば、分散投資の効果はより高まるだろう。さらに外貨建て債券なら為替差益を得る手段としても利用できる。

外債の中で入門的な位置づけなのが外貨建てMMF(マネーマーケット・ファンド)だ。MMFとは利回りが低い反面、安全性の高い公社債を中心に運用される投資信託。2015年末までの売却分については、為替の値上がり益に対して非課税という税制優遇があるので、為替差益を狙いに行くには適している。

ただし、外貨建てMMFを購入する際は円貨からの両替が必要だ。ドル建てMMFだと、国内証券各社とも購入時、売却時ともに1ドル当たり20銭程度の両替手数料がかかる。これは外貨預金よりも低いが、FXに比べると高い。FXなら為替差益に課税されるものの、両替手数料は1銭程度。レバレッジをかけないなら、FXはMMFと同じ感覚で為替差益を狙えることは知っておこう。

プラスの視点 アクセスランキング バックナンバー一覧 TOP